25. 7月 2020 - 5:00 迄 8:00
Coconeri - ココネリ
JapanShibuya City練馬1-17-1, Nerima, Tokyo 176-0001

VAWW RAC &キボタネ共催セミナー「女性国際戦犯法廷20周年」シリーズ(3) 女性国際戦犯法廷の判決と国際法への寄与, Coconeri - ココネリ, 土曜日, 25. 7月 2020

********************



VAWW RAC &キボタネ共催セミナー「女性国際戦犯法廷20周年」シリーズ(3)



女性国際戦犯法廷の判決と国際法への寄与



     〜判決はいかに画期的だったか〜



講師:東澤 靖



 今年12月に、民衆法廷「日本軍性奴隷制を裁く2000年女性国際戦犯法廷」以下、法廷)が開廷して20年をむかえます。法廷は、加害国日本のVAWW-NETジャパン(当時、現VAWW RAC)の提唱と被害国の女性・市民団体との協働により、アジア各国から被害女性64人と被害国8カ国の検事団・女性団体、グローバルな市民たちとともに、東京で開廷されました。



3日間の法廷では、当時の国際法に基づき2人の首席検事と8カ国の各国検事が「慰安婦」制度の責任者10人を特定しました。「判決の概要」では、昭和天皇の有罪と日本政府の責任を確定しました。1年後のハーグでは、日本軍と政府に対し「人道に対する罪としての強かんと性奴隷制を実行した」と認定する「最終判決」が下されました。



このハーグ判決(2001年)はどのような点が画期的なのか、なぜ国際法に寄与したと言えるのかについて、わかりやすく正確な情報にもとづき学びませんか? 今年は法廷20周年シリーズとしてVAWW RAC &キボタネ共催セミナーを行います。



第3回の講師に、法廷「憲章」作成にかかわり、日本検事団として大活躍した東澤靖さんをお招きします。ぜひご参加ください。



講師:東澤 靖 (弁護士、明治学院大学教員、国際法学者)



(法廷に至る過程で、国際法や国際刑事裁判所の専門家として法廷「憲章」作成に重要な役割を果たした。法廷では、日本検事団として元日本軍兵士の尋問などをした)





日時:2020年7月25日(土)14:00~17:00(13:30開場)



場所:練馬ココネリホール(*練馬文化の会名義。練馬駅中央北口1分)



西武池袋・有楽町線(有楽町線・副都心線、東急東横線、みなとみらい線直通)および都営大江戸線   



資料代:1000円 (VAWWRAC会員900円)、学生無料



*広い部屋を確保しました。先着120名まで。以下に申し込みが必要です。



( https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSddMu7OjJ5m_g8rJflwNkz8gghtQz38JQ45BgXMnx1TDeOc8g/viewform



 にお名前と所属をご記入ください)。



*コロナ禍の状況しだいでオンラインへの変更もありえますので、HPやメーリスにご注意ください。



*当日はマスクの着用が必須です。また体調不良の場合は参加をご遠慮いただいております。          



*当日は、破格の価格で『裁かれた戦時性暴力』『戦時・性暴力をどう裁くか』『NHK裁判史料集』等を販売します!







主催 

・「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)

Tel/Fax:03-6413-8573 e-mail: email http://vawwrac.org



・一般社団法人 希望のたね基金



Tel :080-3418-0609 e-mail: email https://www.kibotane.org/

土曜日, 25. 7月 2020, Coconeri - ココネリ, VAWW RAC &キボタネ共催セミナー「女性国際戦犯法廷20周年」シリーズ(3) 女性国際戦犯法廷の判決と国際法への寄与

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。今それを入手!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ