20. 9月 2020 - 4:00 迄 11:00
舞鶴公園
JapanKurume中央区城内1, Fukuoka-shi, Fukuoka, Japan 810-0043

アートのピクニック アス, 舞鶴公園, 日曜日, 20. 9月 2020

イベント情報

アートのピクニック アス





日時

2020年9月20日(日)13:00〜20:00





場所

舞鶴公園各所(散策しながら楽しんでください)





料金

投げ銭





内容

・フォーラムシアターアス

・レミング

・詩の朗読+紙芝居劇

・二胡の生演奏

・音楽





【アスって?】

小さな屋台劇場(リヤカー)を使って、人形劇、現代劇、詩の朗読、音楽演奏などのパフォーマンスを

青空の下で楽しむイベントです。



パフォーマンスは舞鶴公園の各所で行われます。パフォーマンスの鑑賞をしながら、舞鶴公園の自然も一緒に楽しみましょう!





【1】討論劇

「フォーラムシアター アス」

演出:五味伸之

出演:井口誠司、そのほか(募集中)



「街」をテーマに、言いたいこと、気になること、疑問、不満、文句、などなどを討論劇にして上演します。

昔、フォーラム(討論)は、寝そべりながらお酒を飲んで議論を重ねていたようです。自分たちに必要なことは何かをリラックスしながら語り合いましょう!





【2】リヤカー演劇

A cross.lab

Project♯1『街と劇場の未来学』

「レミング 世界の涯てまで連れてって」

作:寺山修司

演出:石田聖也(演劇ユニットそめごころ)



出演

田島宏人(演劇ユニットそめごころ)

峰尾かおり

大谷豪

森武マイ



寺山修司の戯曲「レミング 世界の涯てまで連れてって」の創作〜上演を通して、感染症の蔓延る街に出現する本質的な【劇場】の姿を探り、再び訪れた他者との出会いに重きを置きます。



街から壁が消える。

部屋に都市が流れ込んでくる。

壁を抜け集団自殺に向かう旅ネズミ。

世界は壁のない一枚の地図。

あの空き部屋が世界の涯てだ。





【3】詩の朗読+紙芝居

「人喰いランドセル」



出演

ぽえたQ(濃厚朗読屋)



紙芝居「人喰いランドセル」 これほど残酷で悲しい紙芝居があったろうか! 夢と希望あふるる無垢な人は絶対見ちゃイケナイ悪夢な物語!



ぽえたQ

「詩のボクシング」出場から20年近い歳月を経て昨年「唐十郎WS」参加。YouTubeやNuyoricanPoetsCafeで動画朗読中!





【4】二胡の演奏

中国楽器の二胡の生演奏が舞鶴公園に登場。

出演:中村 二胡 博光





【5】音楽

出演・演奏:ほたか

舞鶴公園に、音楽の妖精ほたかくんによる素敵な音楽が響きます。







《もうちょっと詳しくお話させてください》

「アートのピクニック アス」は、私たちが暮らしている街がこのままでいいんだろうか?という疑問や不安や不満を声に言葉に行動にできないか?と考えて計画されました。

主催者の五味伸之が2015年より行なっている、終戦記念日の新聞を使った参加型演劇「8月15日を劇にする」を通して、のんびりすることも許されない社会になっていないか?と感じ、街の中で深呼吸をするようにアートを楽しむことをしたい!とはじめることにしました。

今回の実施の前に、2020年1月に中央区を町歩きしながら感じたことを語り合う試演会を行いました。

そして、第一回目を2020年5月5日に須崎公園での開催を目指していましたが、緊急事態宣言を受け、オンライン開催へと変更しました。

今回、広々とした舞鶴公園の中に、小さな屋台やリヤカーを利用した小さな集いの場所を作り語り合うことを通して、

私たち(us)の、明日(アス)がより楽しむことのできる世界(アース)になることを目指します。

日曜日, 20. 9月 2020, 舞鶴公園, アートのピクニック アス

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。今それを入手!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ